業務案内
・社会保険労務士の紹介
・こんなときに社会保険労務士をご活用ください
・顧問契約、報酬(料金)規定
・セミナー講師依頼
・就業規則について
・助成金について
・退職金について
・経営品質向上とは?
・個別労使紛争について
・採用、面接について
・人材派遣、人材紹介について
・従業員意識調査について(いきいきアンケート)
・安全、衛生について
事務所案内
・所長プロフィール
・所長のブログ↓
中島社労士(4864)事務所の仕事と趣味
富山の田舎社労士侍が斬る!中小企業専門の就業規則見直しプロジェクトの舞台裏
・スタッフ紹介
・スタッフのブログ↓
〜情感空間〜社労士見習的深層構造
社労士のタネ
見習い社労士 プロへの道
・個人情報の取扱いについて
・事務所地図、概観
無料ダウンロードコーナー
・採用関連
・退職、解雇関連
・その他
・事務所だよりバックナンバー
リンク集
求人情報
お問い合わせ
TOPに戻る
セミナー講師依頼

1:退職金倒産って、それ本当!?

概 要
 企業の退職金(退職年金)を取り巻く環境は、確定拠出年金法・確定給付企業年金法の施行、適格退職年金・退職給与引当金の廃止、退職給付会計制度の導入等、ここ数年で激動の時代を迎えています。
   
とりわけ、「適格退職年金の廃止」の影響は極めて大きく、平成24年3月末には全面廃止となるため、今から対応を練っておく必要があります。その現状を認識いただき、新たな退職金制度の構築に役立てていただくためのセミナーです。

内 容
1. 退職金の現状と問題の認識
2. 適格退職年金廃止がもたらす影響
3. どのような選択肢があるのか
4. 退職金制度の見直し
5. 自社の退職金制度の診断シュミレーション

適格退職年金の場合、他の制度へ変更しようとする際、にまず考えなくてはいけないことが、誰がいつ定年になり、退職金規程上定年時に払わなければならない金額は幾らか、今解約すると返戻金は幾らかを各人について把握し、不足分を幾ら・いつまでに必要かを把握しなければなりません。

そのためには、実際の金額を試算してみなければなりません。この講座では、事例等を活用して、皆さんに実際に試算(シュミレーション)を体験していただきます。その上で、不足分についてどうするか、その対策を考えていきます。

戻 る

Copyright(C) 2005 Takeshi Nakashima All rights reserved